--------------------------------------------------------------------------------
  ★学会誌「品質工学」http://www.qes.gr.jp/
あなたの会社の最新技術を紹介しませんか?
広告掲載は貴社のご希望月に掲載できます

--------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------
↓↓↓企画書はPDFをお開き下さい。(pdf形式:約670KB)
クリック!

--------------------------------------------------------------------------------
★「品質工学」は、開発・設計のための品質工学
☆体力強化と技術力
☆クレームをゼロにする
☆製品開発力を高める 
☆品質と分類
☆商品開発から技術開発へ
☆技術開発
☆ばらつきの経済評価
☆ばらつき三要素と対応
☆動特性とSN比
☆パラメータ設計の考え方
☆パラメータ設計の方法
☆QEステップ

--------------------------------------------------------------------------------
品質工学は、1970年代に田口玄一博士により提唱され、技術開発、
製品設計、工程設計、改善などについての概念的方法が、
工学的に体系化されたものです。
1980年代にその価値が認識されるとともに、各分野の技術者、
研究者に支持され、発展してきました。
1990年代に入り、技術開発の基本的方法論として多方面から認
められるようになったため、一つの組織に結集してその情報を
一元化し、普及、促進を行うと共に、一層の発展を図ることを
目的に、1993年5月に「品質工学フォーラム」を設立しました。
その後、1996年に学術団体として正式な認可を受けたのを機に、
1998年7月から「品質工学会」へと改称し、さらに積極的な活動
を進めています

--------------------------------------------------------------------------------
田口博士によって提唱されてきた品質工学は、米国での成功から
始まり、日本、中国、韓国のアジア諸国からヨーロッパに至るまで、
まさに地球規模で研究が進められています。
また、地域の広がりとともに、機械や電気の製品・技術開発の世界
から、医学や薬学の分野にも広がりを見せ、今では経済や金融の
世界にまで研究の対象を広げています。
品質工学は、これまでに無い、新しい観点で物事の本質を捉えよう
とする考え方。

--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------
  ★学会誌「品質工学」 に、広告掲載のお願い★
★ 学会誌「品質工学」平成26年4月号★
★あなたの会社の最新技術を紹介しませんか★
★2014年度「第22回品質工学研究発表大会」(QES2014)★

--------------------------------------------------------------------------------
↓↓↓企画書はPDFをお開き下さい。(pdf形式:約510KB)
クリック!

--------------------------------------------------------------------------------
★「品質工学」は、開発・設計のための品質工学
☆体力強化と技術力
☆クレームをゼロにする
☆製品開発力を高める 
☆品質と分類
☆商品開発から技術開発へ
☆技術開発
☆ばらつきの経済評価
☆ばらつき三要素と対応
☆動特性とSN比
☆パラメータ設計の考え方
☆パラメータ設計の方法
☆QEステップ

--------------------------------------------------------------------------------
品質工学は、1970年代に田口玄一博士により提唱され、技術開発、
製品設計、工程設計、改善などについての概念的方法が、
工学的に体系化されたものです。
1980年代にその価値が認識されるとともに、各分野の技術者、
研究者に支持され、発展してきました。
1990年代に入り、技術開発の基本的方法論として多方面から認
められるようになったため、一つの組織に結集してその情報を
一元化し、普及、促進を行うと共に、一層の発展を図ることを
目的に、1993年5月に「品質工学フォーラム」を設立しました。
その後、1996年に学術団体として正式な認可を受けたのを機に、
1998年7月から「品質工学会」へと改称し、さらに積極的な活動
を進めています

--------------------------------------------------------------------------------
田口博士によって提唱されてきた品質工学は、米国での成功から
始まり、日本、中国、韓国のアジア諸国からヨーロッパに至るまで、
まさに地球規模で研究が進められています。
また、地域の広がりとともに、機械や電気の製品・技術開発の世界
から、医学や薬学の分野にも広がりを見せ、今では経済や金融の
世界にまで研究の対象を広げています。
品質工学は、これまでに無い、新しい観点で物事の本質を捉えよう
とする考え方。

--------------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------
  ★学会誌「品質工学」 広告掲載のお願い!!
★あなたの会社の最新技術を紹介しませんか?★
★ 広告掲載は貴社のご希望月に掲載できます★

--------------------------------------------------------------------------------
↓↓↓企画書はPDFをお開き下さい。(pdf形式:約240KB)
クリック!
--------------------------------------------------------------------------------
★「品質工学」は、開発・設計のための品質工学
☆体力強化と技術力
☆クレームをゼロにする
☆製品開発力を高める 
☆品質と分類
☆商品開発から技術開発へ
☆技術開発
☆ばらつきの経済評価
☆ばらつき三要素と対応
☆動特性とSN比
☆パラメータ設計の考え方
☆パラメータ設計の方法
☆QEステップ

--------------------------------------------------------------------------------
品質工学は、1970年代に田口玄一博士により提唱され、技術開発、
製品設計、工程設計、改善などについての概念的方法が、
工学的に体系化されたものです。
1980年代にその価値が認識されるとともに、各分野の技術者、
研究者に支持され、発展してきました。
1990年代に入り、技術開発の基本的方法論として多方面から認
められるようになったため、一つの組織に結集してその情報を
一元化し、普及、促進を行うと共に、一層の発展を図ることを
目的に、1993年5月に「品質工学フォーラム」を設立しました。
その後、1996年に学術団体として正式な認可を受けたのを機に、
1998年7月から「品質工学会」へと改称し、さらに積極的な活動
を進めています

--------------------------------------------------------------------------------
田口博士によって提唱されてきた品質工学は、米国での成功から
始まり、日本、中国、韓国のアジア諸国からヨーロッパに至るまで、
まさに地球規模で研究が進められています。
また、地域の広がりとともに、機械や電気の製品・技術開発の世界
から、医学や薬学の分野にも広がりを見せ、今では経済や金融の
世界にまで研究の対象を広げています。
品質工学は、これまでに無い、新しい観点で物事の本質を捉えよう
とする考え方。

--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------
  ★学会誌「品質工学」 広告掲載のお願い!!
★あなたの会社の最新技術を紹介しませんか?★
★ 広告掲載は貴社のご希望月に掲載できます★

--------------------------------------------------------------------------------
↓↓↓企画書はPDFをお開き下さい。(pdf形式:約240KB)
クリック!
--------------------------------------------------------------------------------
★「品質工学」は、開発・設計のための品質工学
☆体力強化と技術力  ☆ばらつきの経済評価
☆クレームをゼロにする ☆ばらつき三要素と対応
☆製品開発力を高める ☆動特性とSN比
☆品質と分類 ☆パラメータ設計の考え方
☆商品開発から技術開発へ ☆パラメータ設計の方法
☆技術開発 ☆QEステップ(適応の要点)

--------------------------------------------------------------------------------
品質工学は、1970年代に田口玄一博士により提唱され、技術開発、
製品設計、工程設計、改善などについての概念的方法が、
工学的に体系化されたものです。
1980年代にその価値が認識されるとともに、各分野の技術者、
研究者に支持され、発展してきました。
1990年代に入り、技術開発の基本的方法論として多方面から認
められるようになったため、一つの組織に結集してその情報を
一元化し、普及、促進を行うと共に、一層の発展を図ることを
目的に、1993年5月に「品質工学フォーラム」を設立しました。
その後、1996年に学術団体として正式な認可を受けたのを機に、
1998年7月から「品質工学会」へと改称し、さらに積極的な活動
を進めています

--------------------------------------------------------------------------------
田口博士によって提唱されてきた品質工学は、米国での成功から
始まり、日本、中国、韓国のアジア諸国からヨーロッパに至るまで、
まさに地球規模で研究が進められています。
また、地域の広がりとともに、機械や電気の製品・技術開発の世界
から、医学や薬学の分野にも広がりを見せ、今では経済や金融の
世界にまで研究の対象を広げています。
品質工学は、これまでに無い、新しい観点で物事の本質を捉えよう
とする考え方。

--------------------------------------------------------------------------------

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR━●

●学会誌「品質工学」に「精密測定器」の広告を、ご検討下さい。

 基準器 比較測長器 絶対基準器具・補助具

 表面粗さ形状測定機 専門測定機 自動計測システム

 その他

□注目■━━━━━━━↓↓企画書はPDFをお開き下さい。(pdf形式:約230KB) ━━━━━ 
クリック!
========================================================== 
「品質工学」は、開発・設計のための品質工学
(オフライン品質工学)について解説しています。
研究開発、設計に携わる方の必読書です。

☆体力強化と技術力  ☆ばらつきの経済評価
☆クレームをゼロにする ☆ばらつき三要素と対応
☆製品開発力を高める ☆動特性とSN比
☆品質と分類 ☆パラメータ設計の考え方
☆商品開発から技術開発へ ☆パラメータ設計の方法
☆技術開発 ☆QEステップ(適応の要点
==========================================================


---------------------------------------------------------------------------
  ★学会誌「品質工学」 広告掲載のお願い!!
★あなたの会社の最新技術を紹介しませんか?★
★ 広告掲載は貴社のご希望月に掲載できます★

---------------------------------------------------------------------------
↓↓↓企画書はPDFをお開き下さい。(pdf形式:約260KB)

クリック!
---------------------------------------------------------------------------
★「品質工学」は、開発・設計のための品質工学
☆体力強化と技術力
☆クレームをゼロにする
☆製品開発力を高める 
☆品質と分類
☆商品開発から技術開発へ
☆技術開発
☆ばらつきの経済評価
☆ばらつき三要素と対応
☆動特性とSN比
☆パラメータ設計の考え方
☆パラメータ設計の方法
☆QEステップ

---------------------------------------------------------------------------
品質工学は、1970年代に田口玄一博士により提唱され、技術開発、
製品設計、工程設計、改善などについての概念的方法が、
工学的に体系化されたものです。
1980年代にその価値が認識されるとともに、各分野の技術者、
研究者に支持され、発展してきました。
1990年代に入り、技術開発の基本的方法論として多方面から認
められるようになったため、一つの組織に結集してその情報を
一元化し、普及、促進を行うと共に、一層の発展を図ることを
目的に、1993年5月に「品質工学フォーラム」を設立しました。
その後、1996年に学術団体として正式な認可を受けたのを機に、
1998年7月から「品質工学会」へと改称し、さらに積極的な活動
を進めています

---------------------------------------------------------------------------
田口博士によって提唱されてきた品質工学は、米国での成功から
始まり、日本、中国、韓国のアジア諸国からヨーロッパに至るまで、
まさに地球規模で研究が進められています。
また、地域の広がりとともに、機械や電気の製品・技術開発の世界
から、医学や薬学の分野にも広がりを見せ、今では経済や金融の
世界にまで研究の対象を広げています。
品質工学は、これまでに無い、新しい観点で物事の本質を捉えよう
とする考え方。

---------------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------------
  ★学会誌「品質工学」 広告掲載のお願い!!
  2012年2月号・4月号・6月号
  ★あなたの会社の最新技術を紹介しませんか?★
  ★ 広告掲載は貴社のご希望月に掲載できます★

---------------------------------------------------------------------------
クリック!(pdf形式:約260KB)

---------------------------------------------------------------------------
★「品質工学」は、開発・設計のための品質工学
☆体力強化と技術力
☆クレームをゼロにする
☆製品開発力を高める 
☆品質と分類
☆商品開発から技術開発へ
☆技術開発
☆ばらつきの経済評価
☆ばらつき三要素と対応
☆動特性とSN比
☆パラメータ設計の考え方
☆パラメータ設計の方法
☆QEステップ
---------------------------------------------------------------------------
品質工学は、1970年代に田口玄一博士により提唱され、技術開発、
製品設計、工程設計、改善などについての概念的方法が、
工学的に体系化されたものです。
1980年代にその価値が認識されるとともに、各分野の技術者、
研究者に支持され、発展してきました。
1990年代に入り、技術開発の基本的方法論として多方面から認
められるようになったため、一つの組織に結集してその情報を
一元化し、普及、促進を行うと共に、一層の発展を図ることを
目的に、1993年5月に「品質工学フォーラム」を設立しました。
その後、1996年に学術団体として正式な認可を受けたのを機に、
1998年7月から「品質工学会」へと改称し、さらに積極的な活動
を進めています

---------------------------------------------------------------------------
田口博士によって提唱されてきた品質工学は、米国での成功から
始まり、日本、中国、韓国のアジア諸国からヨーロッパに至るまで、
まさに地球規模で研究が進められています。
また、地域の広がりとともに、機械や電気の製品・技術開発の世界
から、医学や薬学の分野にも広がりを見せ、今では経済や金融の
世界にまで研究の対象を広げています。
品質工学は、これまでに無い、新しい観点で物事の本質を捉えよう
とする考え方。

---------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------
 
★学会誌「品質工学」 広告掲載のお願い!!
  2011年6月号・8月号・10月号

        
  ★あなたの会社の最新技術を紹介しませんか?★
--------------------------------------------------------------------------------
   ↓↓↓企画書はPDFをお開き下さい。(pdf形式:約224KB)
クリック!
--------------------------------------------------------------------------------

★「品質工学」は、開発・設計のための品質工学
☆体力強化と技術力
☆クレームをゼロにする
☆製品開発力を高める 
☆品質と分類
☆商品開発から技術開発へ
☆技術開発
☆ばらつきの経済評価
☆ばらつき三要素と対応
☆動特性とSN比
☆パラメータ設計の考え方
☆パラメータ設計の方法
☆QEステップ

--------------------------------------------------------------------------------



-------------------------------------------------------------------------------
●学会誌「品質工学」に測定機の広告をご検討下さい!!●

●スペクトラムアナライザー ●分光光度計 ●位相差測定機
●レーザー干渉計      ●環境試験器 ●膜厚測定器

□注目■━━━━━━━↓↓企画書はPDFをお開き下さい。━━ 
(pdf形式:約230KB)
------------------------------------------------------------------------------- 
★品質試験機の製品を紹介しませんか?☆安全性立証を強化★

■品質試験設備
ファースト・トランジェント/バースト試験器・冷熱衝撃装置
恒温恒湿槽・雷サージイミュ二ティ試験器 ・雑音強度試験器

■その他設備紹介 
冷熱衝撃装置・電源耐圧・絶縁抵抗試験器
電源電圧変動許容度試験器・電源障害シミュレータ
交流電圧可変電源 ・静電気試験器
ハイブリットレコーダー・オシロスコープ
ロジックアナライザー・電流計・電圧計・漏洩電流計
-------------------------------------------------------------------------------
★「品質工学」は、開発・設計のための品質工学★
(オフライン品質工学)について解説しています。
★研究開発、設計に携わる方の必読書です★

☆体力強化と技術力
☆クレームをゼロにする
☆製品開発力を高める 
☆品質と分類
☆商品開発から技術開発へ
☆技術開発
☆ばらつきの経済評価
☆ばらつき三要素と対応
☆動特性とSN比
☆パラメータ設計の考え方
☆パラメータ設計の方法
☆QEステップ(適応の要点)
-------------------------------------------------------------------------------


 
----------------------------------------------------------------------
★ 学会誌「品質工学」に、貴社の広告を
   2010年度に、年3回掲載 または 年6回 掲載のお願い★ 
 
----------------------------------------------------------------------
   ★注目■━━━━━━━↓企画書はPDFをお開き下さい。 ━━━━━━━━━★
   →→企画書はPDFをお開き下さい。(pdf形式:約360KB)
  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛PR
    
----------------------------------------------------------------------
★「品質工学」は、開発・設計のための品質工学★
 ☆体力強化と技術力
☆クレームをゼロにする
☆製品開発力を高める 
☆品質と分類
☆商品開発から技術開発へ
☆技術開発
☆ばらつきの経済評価
☆ばらつき三要素と対応
☆動特性とSN比
☆パラメータ設計の考え方
☆パラメータ設計の方法
☆QEステップ

----------------------------------------------------------------------

==========================================================
 学会誌「品質工学」は、全会員(約2,400名)と
 関連会社・大学・研究機関等各方面に配布し、長期に
 保存され、活用されます。  
                  
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
☆☆ 学会誌「品質工学」に、貴社の広告を
  平成21年度に、年3回 掲載、または 年6回 掲載のお願い
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


★注目■━━━━━━━↓企画書はPDFをお開き下さい。 ━━━━━━━━━★ 

  →→
企画書はPDFをお開き下さい。(pdf形式:約360KB)
                         
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛PR
                            
          
========================================================== 
「品質工学」は、開発・設計のための品質工学
(オフライン品質工学)について解説しています。
 研究開発、設計に携わる方の必読書です。 
 
 ☆体力強化と技術力
☆クレームをゼロにする
☆製品開発力を高める 
☆品質と分類
☆商品開発から技術開発へ
☆技術開発
☆ばらつきの経済評価
☆ばらつき三要素と対応
☆動特性とSN比
☆パラメータ設計の考え方
☆パラメータ設計の方法
☆QEステップ

==========================================================